ひそかにブログ

ひそかにひっそりと日常のあれこれについて綴ります。

Megapolis 「鉄道マラソンⅧ」結果報告!

 

Megapolisコンテスト

「鉄道マラソンⅧ」結果報告!

 
 
読書の秋、食欲の秋。
秋になったことで忙しい週末を送っている私ですが、
皆さんいかがおすごしですか?
さて、先週まで行われていました鉄道マラソンの結果は。
はい。
 
 
1位でしたー!! ありがとうございます!

ここまで、コツコツと準備に励んだ鉄道マラソンなだけに、
勝って当然と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、
もちろんそんなわけはありません。
 
今回の「鉄道マラソⅧ」その勝因はずばり。
 
 
 
根性!
 
 
もうね、こんなの根性以外のなにものでもありませんよ。
用事があるときも、人と会っているときも
6時間ごと日に4回のクリックを自分に課すなんて
正気の沙汰じゃない!!!
 
 
終結果がこちら。

途中、アップグレードしすぎて独走になっちゃいました。
アップグレードのおかげで一気にリードを広げられたので
残り2日は一日3回のクリックでOKになりましたが、
そこまで怖かった・・・・・・。
 
 
Megapolisはのんびり自分のペースで続けられるからと始めたゲームなのに、
いつの間にか貴重な時間と正気を奪われてしまっている皮肉さを感じる今日この頃。
しかしコンテストが始まってしまえばクリックせずにはいられない
私の右往左往ぶりを簡単に。
 
 
1:「仮説」崩れる!!
2:アップグレードして独走
3:現在の状況
 
 
1:「仮説」崩れる!
 
 
私はこれまで、国際線の列車の数がメガバック×50とメガバック100の境界線との仮説を立てていたのですが・・・・・・。それがこのコンテストでは間違っていたということが判明しました。
 
私が入っているメガバック×50のグループ。
序盤にトップを走っているプレイヤーさんの町を訪れてみたところ、分かりました。
 
この人、国際ターミナルのアップグレードが終わっている!!! 列車が5本ある!!

よそ様の街のスクショを貼ってしまうことをお許しください、神様。。
前回のコンテストでもしやと予想していましたが、
トップを走る人たちは国際列車が5本ありそうです。
 
 
これはいかん、このままでは追いつけない! と慌てた私は
すぐさま国際ターミナルをアップグレードすることにしたのですが・・・・・・。
 
 
2:アップグレードし独走へ。
 
 
国際列車4本では足りない。
このグループでは国際列車5本じゃないと勝ち上がれないと、慌てて国際ターミナル税関までアップグレードしたのですが、落ち着いて他のプレイヤーさんの町を見てみると、ほとんどの人が4本のままのようで・・・・・・。
 
うーん、アップグレードは早まったかなぁ。

5本の列車が走る私の街の国際線。

 
 
さらにこのアップグレード時に気づいたことですが、
国際ターミナルのアップグレードは7段階に分かれているんですね。
私はその第4段階の「国際ターミナル税関」までアップグレードしましたが・・・・・・。
 
メガバック×50とメガバック×100の境目はこの辺?

もし国際ターミナルのアップグレードレベルでコンテストの組み分けが行われているのなら、その境目はレベル5とレベル6の間でしょうか?
 
 
しかし、この私の仮説は穴だらけなんですよね。
そもそも国際ターミナルが基準になっているかどうかも今のところ定かではないわけで。一つの指針としてみるくらいでいいのかもしれません・・・・・・。
 
 
とにかくこの国際ターミナル税関へのアップグレードにより、中盤から私の独走が始まりました。

列車のレベルも上げてガンガンリードする私。
2位の人の追い上げが恐怖でしたが、心配するほどにはなりませんでした。
 
あまり上位グループに入れられないように、様子を見ながらアップグレードしている国際ターミナル。まだまだ試行錯誤の日々ですが、毎回なんとか上位はキープしているので、この調子でやっていこう、うん。
 
 
3:現在の状況
 
 
自分でもどうなっているのか、よく理解できていないので自分の状況を少し整理してみたいと思います。
 
1:国際ターミナル→レベル4「税関」 駅に収容できる最大乗客数:30,500人

 
ジェットエンジン(4600)×5=23,000(最大出力/6H)
 
最大出力が大幅にアップ! その分国内線の集客力にも気を配らなければなりません。
 
 
2:組み立てライン→レベル3「品質管理」

 
この組み立てラインをアップグレードすることにより、
国際ターミナルの列車や国内の中央駅の列車のアップグレードが可能に。
 
 
  3:国内線 中央駅→レベル6(最大レベル)

国内を循環して乗客を集めてくる列車たち。
6本すべてを「エアロエキスプレス」にしていますが、注目すべきは右上の赤い□で囲んだ部分。
 
情報のところに、3,668/5,134 の文字。
 
つまり、理論上は5,134人集められるはずが、列車のレベルが足りていないので、現在は1時間に3,668人しか集められていないということになります。
 
私の最大出力は23,000人。それを6時間で集めるには、
 
23,000÷6=3,833人
 
ですから、やはり国内線の集客が貧弱であるということが分かります。
組み立てラインをアップグレードしたことにより、国内線の列車もアップグレードできるようになったので、
次のがんばりどころはこの列車たちのアップグレードですね。
 
 
まずは国内線を整備してから国際線の列車アップグレードに着手する予定。
あ、駅もボチボチ増やしてまーす。
 
ようやく「兼六駅」を繋げました~!

しかしこの線路が繋がったときの爽快感ったらないですね。
ただいまは駅アップグレードの途中です。
 
 
早く駅を全部繋げたい。
でもやり切ってしまったら楽しみがなくなっちゃうなぁなんて。
 
鉄道マラソンⅦについてでした☆
 
 
(終わり)