ひそかにブログ

ひそかにひっそりと日常のあれこれについて綴ります。

Megapolisコンテスト「鉄道マラソンⅤ」が始まっています!

 

f:id:ochaochaho:20170416215541p:plain

Megapolisコンテスト
「鉄道マラソンⅤ」
 
 
Megapolisで期間限定のコンテストが始まっています。今回は「鉄道マラソンⅤ」! 鉄道系のコンテストは初めてですが、いろんな車両が動くアニメーションがかわいいですね。
 

f:id:ochaochaho:20170416215543p:plain

乗客を集めて海外へ派遣するその人数により走行距離が決まる「鉄道マラソン」!
列車が動き抜いたり抜かれたりするデッドヒートにドキドキが止まりません!
 
鉄道は、線路を繋げる作業が本当に本当に大変なのですが、こうやってコンテストも開かれるのならその苦労も報われるってものですね。今回も3位入賞目指して頑張ります! (1位と2位さんはすでに手の届かないところに・・・・・・)
 
 
1:報酬とコンテスト優勝賞品について
2:コンテストの組み分けの基準は?
 
 
1:報酬とコンテスト優勝賞品について
 
 
コンテストの参加者はチーム分けされポイントに応じて報酬アイテムが用意されています。今回のコンテストにて獲得できる報酬がこちら。
 
 
報酬
4000ポイント :建築証明書 × 1
 
 
4000人を越えれば、建築証明書ゲット! 
私はまだ初めて一か月くらいなのでまだまだ下の方のチームですが、低レベルプレイヤーであろうと4000人の乗客確保はそれほど難しくないのではという感触を持っています。鉄道はコイン稼ぎの重要拠点なので、これを機に鉄道をある程度整備するのもいいですよね!
 
やっぱり3位に入らなければ特別アイテムは手に入らない! ということで、3位まではこちら。
 
 
1位の賞品  ★建築証明書×3 ★メガバック×30 ★金のヘレン機関車アーチ

f:id:ochaochaho:20170416215551p:plain

金のヘレン機関車アーチの特別感がピンときませんが、メガバック30は本当に欲しい。
 
 
2位の賞品  ★建築証明書×2 ★メガバック×20 ★銀ヘレン機関車アーチ

f:id:ochaochaho:20170416215548p:plain

鉄道系って好きな人が多そうなので、今回はライバルも多くなりそう・・・・・・。
 
 
3位の賞品  ★建築証明書×1 ★メガバック×10 ★青銅ヘレン機関車アーチ
 f:id:ochaochaho:20170416215555p:plain
 
3位までに入ればメガバックゲット! 
正直、3位に入る自信はあまりありませんがとりあえず今ある設備でできるところまで頑張ってみようかなと思っています!
 
しかし、疑問なのがこのコンテストの相手をどのように決めているのかということです。自分と同レベルの人たちなのか、同時期に始めた人なのか、それとも鉄道施設の数で組み分けを決めているのか・・・・・・。
 
次は、どうやって組み分けをしているのか推理してみます。
 
 
 
2:コンテストの組み分けの基準は?
 
 
このコンテストの組み分けを見てみると、絶妙に同じくらいの人たちが相手になっているのが本当に不思議です。現在私は、頑張れば3位以内に入れるか入れないかというラインに位置しているのですが、途中まで競い合っている他の人たちとの乗客の増え方はほとんど同じでした。
 
例えば、私は今駅が3つあり、6時間後国際線で送り出す乗客の数は1300×2の2600人です(コンテスト期間中にアップグレードして少し増えましたが)が、途中まで一緒にデッドヒートを繰り広げていた相手も2600人。つまり、乗客が溜まるまでの時間の差で抜いたり抜かれたりを繰り返していたのです。
 

f:id:ochaochaho:20170416215558p:plain

 
この計算の方法が分からないんですけど、鉄道カードを使ったりすると送られる人数が違ったりするんですかね? 正直分かりません。
 
考えてみても分からないので、私のライバルたちの鉄道施設の建設の様子を偵察にいってきました。
 
ライバルAさん:駅×3、そのうち一つはレベル2
ライバルBさん:駅×4、すべてレベル1
ライバルCさん:駅×3、国際ターミナルにアップグレード
 
 
駅の施設の建設数が基準になっているのではないかという推論を立てて偵察をしてきたのですが、サンプル数が少なすぎてまだまだ微妙ですね(笑)
レベルが低いときっと建設した鉄道の数もほとんど差がないでしょうし、レベルが上がるにつれて差も広がっていくような気がします。
 
どうやって振り分けているのか今この時点で結論は出ませんが、この謎も少しずつ解けていけばいいなぁ。
 
ではでは、この鉄道マラソン。最後まで走りぬきましょう☆
 
終わり